まちがったニキビケア

まちがったニキビケアについてみていきましょう。

▽しっかり殺菌するとニキビができなくなるは嘘
私達の肌には、ニキビ菌といわれるアクネ菌と健康な肌を保つための美肌菌と呼ばれる表皮ブドウ菌が常在しています。
殺菌すると、確かにアクネ菌は一時的になくなります。
しかし、激しい殺菌は肌の余分な皮脂や老廃物を食べてくれる美肌菌まで一緒に殺菌してしまいます。
激しい殺菌を繰り返し、美肌菌がいなくなった肌は皮脂がどんどん溜まり、毛穴が詰まってニキビができ易くなります。

▽皮脂を取り除くとニキビができなくなるのは嘘
肌の表面には、皮脂(油分)と汗(水分)からできている皮脂膜があります。
皮脂膜は水分の蒸発を防いだり、外的刺激から保護するという働きがあります。
皮脂を取り過ぎた乾燥肌の状態は、皮脂膜がもろくなり、外的刺激に弱くなります。
そうすると、肌はもっと油分を出さないと大変なことになると、どんどん過剰に皮脂を分泌します。
こうして溜った皮脂が毛穴を詰まらせ、ニキビの原因となるのです。

それでは、ニキビができないスベスベ肌になるためには、どうしたら良いでしょう?
答えは、潤い貯水型の保湿ケアをすることです。

潤い貯水型の新しいニキビケア みんなの肌潤糖【クリア】

みんなの肌潤糖 クリア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。